雅祥

[オーダーメイド・販売・修理]
福島県須賀川市の人形工房 雅祥 (がしょう)
TEL.0248-63-9036

HOME雅祥コンセプト雅祥会社概要雅祥お問い合わせ

雅祥五月人形・端午の節句・鯉のぼり・鐘馗様

HOME > 五月人形・端午の節句・鯉のぼり・鐘馗様

文字の大きさ| 小 |中 |大 |

五月人形・端午の節句・鯉のぼり

端午の節句
端午の節句は、奈良時代(一二五〇年前)から始まったといわれています。
五月五日に菖蒲を飾り、無病息災を祈る節会を行っていました。
菖蒲には特別な力が信じられ、この菖蒲を目印に神をお迎えしたのが菖蒲飾りの始まりとされています。
鎌倉時代ごろから『菖蒲』が『尚武』と同じ読みであること、また菖蒲の葉が剣の形を連想されることから、端午の節句では鎧や兜を飾り男の子の成長を祝い健康を祈るようになりました。


鯉のぼりの節句
鯉は、いさぎよい姿かたちで非常に生命力の強い魚です。
鯉のぼりは、鯉が急流をさかのぼり、龍門の滝を昇りきり龍となって昇天するという伝説にちなみ、どんな試練にも耐えて立派な人になるようにと、子供の出世を願うために建てられるのです。
戸外に建てるのぼりは、もともとは天の神様に降りてきていただく目印だといわれています。


鐘馗様
玄宗皇帝(げんそうこうてい)の夢に鐘馗様があらわれ、魔を祓(はら)い、病気を治したという故事に基づくものであります。
鐘馗様は魔を追いはらい、魔を除くと信じられた神で魔除けと強い者の象徴とされています。

雅祥オリジナル制作となります

画像クリックで拡大します

五月人形五月人形五月人形五月人形
五月人形五月人形端午の節句端午の節句
端午の節句端午の節句端午の節句端午の節句


店内ショールームでは数多く展示しております。お気軽にお越しください。

祭礼提灯

オリジナル祭事提灯オリジナル祭事提灯

カタログ請求カタログ請求

<お詫び・移転のご案内>
震災後、店舗を移転しております。
詳しくはこちらをご覧ください

翻訳(Language)

節句人形アドバイザー
日本人形
適正表示宣言店
日本人形
日本人形協会
日本人形
福島県須賀川市・郡山市の総合卸商社


instagram

facebookfacebooktwittertwitterinstagraminstagram